2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.03 (Wed)

Sound Episode6

感想和捏他
想說如果要等圖畫完再來寫那就不知道什麼時候才能貼了..
所以先把聽完瞬間的感想打一打
歌詞有ˇ

【More・・・】

優しい世界

ナナリー...!!!!

歌詞反白...!!

コバルト色 風に乗せて
伝えたい 笑顔の理由
どんな時も 何があっても
信じる強さ持てたから

腕を広げ
羽を真似て飛んでいく

あなたがくれる世界は
優しいか風に包まれてる
いつかそんな場所へと
連れて行ってください

*髪に触れる 長い指の
暖かさ 失くしそうで
壊れるほど 奔りすぎる
あなたの事を祈るから

夢のために
誰も傷つけないで

**切ない涙の束(たば)を
光に変える日が来るでしょう
約束して未来の
翼抱いてください

形のない
優しさ大切にします

* **


歌詞太溫柔太完美
反而讓人想哭ィAヽ

帝国の兄妹

。之前聽的時候就覺得南央美的聲音很可愛
啊啊尤菲好可愛─嗚QTL
ルクレール 以一隻狗來說還真是奇妙的名字XDD
「皆が幸せに暮らせる場所、作れたらいいなーって!」←Q口Q!(抱住)
「御機嫌よう~兄上、姉上。やぁ~ユフィも」好可愛XDDDDD(愛)
。「上戰場會先死的類型」XDDDD
37036敗XDDDDDDD是說你們也比太多次XD(笑)
。原來魯魯有寄信回去啊...雖然只有一次..XD
。正攻法!
庫羅維斯真的太溫柔(淚目)

黒のキング

。「上井田くん」XDDDDD
。轉三圈再叫聲汪!
。「お貴族さまが這いつく場(嗎?)でわんわん鳴くすなど(下略)」
噗呼 被魯魯的"わんわん"四個字(音?)萌到OTL///(何)
幹嘛把整個學校的學生資料都背下來啊XDDDD!!
「(6分で)十分。地球も救える時間だ。口氣很大XD(笑)
。預言書XDDDDDDD
。西洋棋天才(噗)
。因為魯魯的幫忙才買了車嗎XDˇ
。是說這整個利巴魯魯XDDD

最期の誘い

俺たちはどこにも行かないよ。 (QAQ)
「雖然哥哥在鬥嘴方面沒有輸過(笑)」XDDD
「ルルーシュ、一度だけ言うよ?二度とは言わない」
「ん?」
「ルルーシュ、僕ら、もう一度一緒にやれないかな?
っ!........手伝いって言うのか?特区日本の」


(噴)

魯魯那一瞬間的停頓應該是思考「な、なにをだ!?////」之類(糟糕掉)




然後下面是飆淚的片段(灰色是自行腦內補完(?)
.....QAQ

*
「ルルーシュが手伝ってくれれば」
「奇跡だって起こせる?フッ、子供の頃、そんな事話したが、

でも、俺たちはもう子供じゃない。


「大人になったら、奇跡は起こせない?」

*
僕らは友達だった、最高の。それも変わってしまったのか?」
「変わってないと言うなら、スザク、特区日本には参加するな
俺の見方になれ!

*
「ユーフェミアには、人が付いて来ると言うのか。」

少なくとも僕は、ゼロより彼女を選びたい。」


俺より


ユフィ




と言うのか?


「.......スザク..駄目だよ、俺には手伝いない。」
だめだ...俺の傍に居てくれ..!
「ルルーシュっ!」
「すまない、スザク」
「わかった。難しい事言ったね?忘れてくれ」
いや、忘れないよ。お前が俺を誘った事を」
お前がユフィを選んだった事を。
「ルルーシュ..」
「行けよ、スザク。ユフィが待ってるだろ。」

どうせ軍こそお前の居場所だろ

俺とナナリーとかどうでもいいだろ


「あぁ。ルルーシュ、またね」
「....あぁ、またな」



*俺たちはもう、あ夏の日には戻れないんだって。永遠に
01:59  |  感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://shinyaemew.blog38.fc2.com/tb.php/653-ae10a7f1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。